スリッターを生産に使用する場合、スリッタープロセスに注意を払う必要があり、軽視してはなりません。

スリッターを生産に使用する場合、スリッタープロセスに注意を払う必要があり、軽視してはなりません。したがって、この記事では、押し出された複合BOPP / LDPE複合フィルム、スリッター製造プロセスで発生する品質の問題、および分析するスリッターの関連する問題を組み合わせます。

1.切削速度を制御する
通常の生産に入るとき、スリッターの速度はプロセス要件に厳密に従う必要があります。高すぎると、切削品質にも影響します。したがって、スリット速度を制御することにより、スリットに必要な品質を得ることができます。なぜなら、生産において、生産量を増やして経済的利益を改善するために、一部のオペレーターは人為的に切断速度を上げるからです。これにより、高速動作下でフィルムに縦縞や分割層の品質問題が発生しやすくなります。

2.機器とフィルムの性能に応じて適切なスリッタープロセスを選択します
通常の生産では、設備の性能、フィルムの固有の特性、およびフィルムのさまざまなタイプと仕様に応じて、生産に適切なスリット技術を採用する必要があります。プロセスパラメータ、識別方法、およびさまざまなスリットフィルムの値が異なるため、プロセスは製品ごとに慎重に調整する必要があります。

3.ワークステーションの正しい選択に注意を払う
製造時には、スリッターの各ステーションの使用頻度が異なるため、摩耗の程度も異なります。したがって、パフォーマンスには一定の違いがあります。たとえば、より良い状態で製品をスリットするための縦縞が少なくなります。それどころか、より多くの縦縞があります。したがって、各オペレーターは、ワークステーションの正しい選択に注意を払い、機器の最良の状態を十分に活用し、現場での使用法を把握し、常に経験を要約し、機器の最良の特性の使用法を見つける必要があります。

4.フィルムの清浄度を確認します
さらに、スリッティングプロセス中に、フィルムの各ロールが再び開かれ、次に巻き戻されることに注意する必要があります。これにより、異物が入る条件が作成されます。フィルム製品自体は主に食品や医薬品の包装に使用されるため、衛生要件が非常に厳しく、フィルムの各ロールが清潔であることを確認する必要があります。


投稿時間:2020年10月15日